INTERVIEW Case 14
小さく、大きく暮らす家

小さく、大きく暮らす家

草津市 W様邸(ご主人・奥様)

光と風がLDKから芝のある庭までをやさしく包む心地良さ。ダイニングカウンターや造作カップボードをしつらえ、限られた空間を最大限にいかしました。ていねいな暮らしが似合う住まいです。

木のぬくもりに包まれ、和とモダンが同居

木のぬくもりに包まれ、和とモダンが同居

買い物帰りにふらっとモデルハウスをのぞいたことがきっかけで、突然家づくりのスイッチが入ったというWさんご夫妻。目の前の物件にひかれながらも、急展開過ぎる戸惑いもあり、別の所もと立ち寄ったのがルポハウスでした。

「設計士さんが気さくで話しやすくて」それは笑顔になる出会いでした。全てがそろったモデルハウスより予算は少し上がったけれど、流れを知って納得しながら家づくりに関われたことで後悔はないとご主人。奥様も「途中、迷走してしまって…。不安でネガティブな時も根気強く付き合ってもらって乗り切れた」と当時を振り返ります。 スムーズなことばかりではない家づくり、時にはひと休みしながら進むことが近道なのかもしれませんね。

お二人の佇まいにも似た和&モダンなスタイルで、グランブルーの外壁が印象的なW様邸。一体感を持たせ広がりを出したリビング&ダイニングキッチン、床にはクリ・壁には杉の羽目板をアクセントにして、ナチュラルで落ち着いた空間を演出。またご主人の音楽部屋、奥様の着物を置く和室など、個々のスペースも確保しました。

コーディネーターとも打ち合わせを重ね「さまざまなリクエストや、ぼんやりとした思いを形にしてもらえた。あきらめかけた芝生の庭も実現してもらい、今では一番のお気に入り」という窓の外には生き生きとした緑。「でも本当は、どこと決められないくらい全部気に入っていて」と続く奥様の言葉には、住まいへの愛おしさがあふれています。

向かいには公園が臨め、この先は「子どもと過ごせれば…」と願うWさんご夫妻です。時を重ね、にぎやかな笑い声に包まれる日々が楽しみですね。

これから家を建てる方へのアドバイス

これから家を建てる方へのアドバイス

遠慮せず時にはわがままになって、要望をしっかり伝えましょう。そうすることで新たな提案ももらえ、それが良かったということにも。納得できる家づくりを!

担当スタッフからのコメント

担当スタッフからのコメント

限られた空間でコンパクトながらも、家族が伸び伸びと暮らせる家を目指したW様邸。ご夫婦の楽しい人柄をイメージしながら、お二人の好きを詰め込みました。決して狭くない、大きく暮らす家になりました。

ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ